紙とスマホの良さが合わさったカレンダー – 「Magic Calendar」

magic_calendar

今時の新製品には驚くばかりです。
紙とスマホの良さだけを取り入れた新しいスタイルのカレンダーが開発中です。

その名も「Magic Calendar」。
見た目は紙と同じで壁にかかっていますが、表示されているのはGoogle Calendarの中身。
まさにマジックそのものです。

従来のカレンダーの問題

紙のカレンダーはいつも壁に表示されているので、確認が非常に楽です。
ただ、予定を手で書き込まないといけないので、想像するだけでスケジュール管理は手間ですね。

一方、スマホのカレンダーは予定の管理は簡単ですが、必要なたびにスマホを取り出し、画面ロックを外し、カレンダーを起動してからの確認になります。
とてもじゃないけど、確かに面倒ですね。

そんな問題から生まれたのが、「Magic Calendar」です。

Magic Calendar

電子ペーパーの「Magic Calendar」を壁に掛けておいて、Google Calendarの予定を常に表示しておくことができるんです。

使い方は簡単。
Androidのスマホに専用のアプリをインストールして、スマホと「Magic Calendar」をペアリングすることで、「Magic Calendar」にあなたの予定が反映される仕組みになっています。
しかも電気をほとんど使用しない高精細電子ペーパーの採用を想定しているので、一度充電するとなんと3ヶ月間も持てるんだとか。

紹介動画を見るかぎりでは、外でスマホに登録した予定が「Magic Calendar」に反映されますね。
他にも時間割やメモを表示することもできるので、単なるカレンダーだけでなく、様々な使い方が期待できるのではないでしょうか。

まだ試作段階で、低反射ディスプレイを使用していますが、今後高精細電子ペーパーが利用できるようになったら更に紙の質感を高めたいと開発者の坪井浩尚さんはおっしゃっています。

将来的には、デジタル情報自体に繊細で豊かな身体的感覚を与え、デジタルとアナログを完全融合したものにしたいそうで、楽しみですね。
発売されたらリアルに欲しくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です