Facebookに載っている怪しげなお金の話の乗ってみた

urawaza

こんにちは、龍権(@ryuken_biz)です。

人間は何物かに気が向いた時は、その物にやたら気づくとよく言われますが、この話は正しいかもしれません。
最近Facebookを開いてタイムラインを眺めていると、やたらとお金の広告が目に入ります。
広告自体は最近始まったわけでもないと思いますが、僕がお金に敏感になっただけでしょうか。
こんな広告です。

urawaza1

ある申請用紙に必要事項を書いて提出するだけで、毎年年収の半分近くを受け取れるある制度」に関するうさんくさい話です。

...

どう考えてもうさんくさいだけです。
だって、そんな美味しい話が広告に乗っているわけがないですよね。
だからといって、無視するわけにもいきません。
ある「制度」の話なので、ただ知らないだけかもしれません。

だったら、その詳細が知りたいと思って、話に乗ってみることにしました。
話を聞くだけだったら、ただですからね。

怪しげなサイトに会員登録してみた

怪しげなリンクを踏み詳細ページに遷移してみました。
やっぱり美味しい話がずらずらと並べられています。
書類を一枚記入するだけで年間150万円もらえるなりなんなりです。

詳細を知るためにはメールアドレスを入力して説明会に申し込まないといけません。
こんな怪しげなところに申し込む際は、僕はメインメールアドレスを登録しないようにしています。
迷惑メールが届けられたら困りますから。
それで、サブメールアドレスを登録して説明会に申し込みました。
サブメールアドレスは、フリーメールアドレスを申請すれば良いわけですよ。

申込は翌日電話確認を以って確定されました。
電話がかかってきて、「申込時に選んだ日時で良いですか」みたいな確認でした。
そして、その週末の土曜日に説明会に参加することが確定されました。

怪しげな説明会に参加してきた

週末の土曜日、チャリを30分ほど走らせて説明会の場所に到着しました。
週末都内での移動は、大体チャリです。
良い運動になりますからね。

着いた場所はある駅の近くにある細長いビルでした。
エレベーターで指定されたフロアまで上ると、ちゃんとした会社でした。
受付を済ませ会議室に案内されて待っていたらもう一人が来て、合計二人で怪しい説明を受けることになりました。

説明を聞いていると、
「学生や独身サラリーマンはワンループマンションを住宅ローンで買えないから、ワンルームを賃貸で借りるしかないよ」~
「金融庁のある制度を利用すると、頭金無しでワンルームマンションのオーナーになれるよ」~
という、不動産オーナー業の売り込みでした。

確かに、「ある申請用紙に必要事項を書いて提出するだけで、毎年年収の半分近くを受け取れる」ものでした。
ローン申請書に必要事項を記入して提出するだけで、物件によっては毎年150万円以上の家賃収入が入りますので、まあ嘘でもなかったです。
そこからローンを返して、管理費と修繕費を払って、固定資産税を払ってという経費は取り上げられてないだけですからね。

結論

結果、不動産投資話だったので簡単に結論が下せないからと伝えて、保留してきたわけです。
話を聞いただけでは相当美味しい話に聞こえたのですが、それは相手が美味しい話しかしてないからでしょう。
中身の詳細がよく分からない話に簡単に乗れるわけがなかったです。

不動産投資については前々から興味はありましたが、なかなか踏み出せないですね。
今回の事件を機に不動産投資についてもっと知りたくなったので、普段から情報収集してみたいと思いました。