住民税をコンビニでクレジットカードで払えるか試してみた

resident-tax
今年も6月になったので、住民税が決まる時期になりました。
会社に勤めている時は特別徴収といって、住民税が給料から天引されていました。
しかし、会社員を辞めて4月からエンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」さんに登録し、派遣社員になったことで今年の住民税は普通徴収になっています。

普通徴収とは、住民税の納付書が自宅に届き、自身でコンビニや金融機関で支払う方法です。
ちなみに決まった住民税額はこちらです。

resident-tax1

そこそこ高い金額になっていますね。

高額商品を買う時はクレジットカードで支払うことで少しでも得しようと考えるものですが、住民税はクレジットカードで支払えないでしょうか

コンビニで住民税を支払いポイントを貯めるには

住民税の支払い用紙をコンビニのレジに出して、そのままクレジットカードが使えたらベストですが、世の中そんな甘くありません。
コンビニでクレジットカードで住民税を支払うことに対応するコンビニはありません。
では、やっぱり現金で支払う方法以外ないのでしょうか。

直接クレジットカードで支払うことはできませんが、電子マネーを利用することでクレジットポイントを貯めることは可能です。
それは、セブン-イレブンでnannacoを使って支払うことです。

なんと、セブン-イレブンではnanacoで住民税を支払うことが可能です。
nanacoで支払う時にポイントは貯まりませんが、nanacoはクレジットカードチャージに対応しており、このクレジットチャージの際にポイントを貯めることができるんです。
結果的に、クレジットカードポイントを貯めながらコンビニで住民税を払うことができてしまうんです。

僕は、楽天カードJCBを利用していますがnanacoにチャージする際に1%のポイントが貯まるんです。
同じ楽天カードでもVISAやMasterカードではnanacoにチャージすることができません。
nanacoにチャージできるのはJCBだけです。

楽天カードJCBでnanacoにチャージする際にポイントを貯め、そのnanacoでコンビニで住民税を支払う」ことで、目的を達成することができます。

高額税金をnanacoで支払うには

クレジットカードでnanacoにチャージする際にネックになってくるのが

  • nanacoにチャージできるのは5万円まで
  • クレジットチャージで1回にチャージできるのは29,000円まで

の2つです。

クレジットチャージは何回も繰り返すことができるので、MAXで5万円チャージすることは可能です。
ただ、この方法だと支払額が5万円を超える時に支払ができなくなります。
(一旦nanacoで5万円支払い、残りを現金で支払うことは可能です。それでも5万円分はしっかりとポイントが貯められます。)

ただ、ここで終わらないのがnanacoです。
nanacoには「センター預かり」をいう必殺技があります。
少しややこしいですが、nanacoカードに5万円チャージし、センターにも5万円預けて、合計10万円分持つことができます。

これを実現するのに、nanacoカードとモバイルnanacoでやり方が微妙に異なります。

※ nanacoカードの場合

  1. まず、nanacoの公式サイトで5万円分クレジットチャージする(会員登録必要)
  2. セブン-イレブンのレジか、セブン銀行のATMで残高確認をして、上でチャージした5万円をカードに移す
  3. もう一度公式サイトで5万円分をクレジットチャージする
  4. この時点で、nanacoカードに先にチャージした5万円、センターに後でチャージした5万円の残高がある

  5. セブン-イレブンで(バーコードの付いた)住民票の支払用紙を渡し、nanaco支払をお願いする
  6. 支払う前に残高が不足すると言われるが、とりあえずnanacoで5万円払わせてもらう
  7. 残高が足りないが、ここで店員に「残高確認」をお願いする
  8. レジで残高確認をすると、センターの5万円がnanacoカード残高に移り、その5万円を支払いて充てられる

※ モバイルnanacoの場合
モバイルnanacoの場合は、nanacoカードと同じ方法でもできますが、アプリ上でセンター預かり分の確認・反映ができたり、クレジットチャージができたりとかなり便利ですので、もっと簡単に操作ができます。

  1. まず、モバイルnanacoに5万円分クレジットチャージする
  2. もう一度公式サイトで5万円分をクレジットチャージする
  3. この時点で、モバイルnanacoに先にチャージした5万円、センターに後でチャージした5万円の残高がある。
    この後の支払方法は、nanacoカードの場合とまったく同じである。

支払途中に一度残高確認をしないといけないですが、この方法を使えば10万円分までnanacoで支うことができるんです。
僕は実際この方法を使って、セブンイレブンで60,700の住民税を支払っています。
resident-tax2

ただ、素人には難しい作業であり、店員が素人の場合でもハードルの高い作業ですので、忙しい時間帯を避けた方が良いです。
更に素人店員も避けて、ベテランに見える店員か店のオーナー(見た目から判断)に頼むのは良いでしょう。
是非やってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です