六本木に引っ越すことを真剣に考え始めてみた

moving

そろそろ引っ越しについて真剣に考える時期になりました。
今の賃貸契約が6月中旬までなので、遅くても6月中旬までには引っ越さないといけないからです。
引っ越しは、埼玉県から東京を予定していますが、具体的な引っ越し先は未定です。
ただ今の仕事先が六本木なので、六本木に近いところを優先的に検討しています。

引っ越し先はどこが良いの?

僕みたいなサラリーマンの日常は、嫌でも会社をメインに回っていますので、会社に近いところが理想です。
ですので、六本木に住んでしまうのがベストではありますが、現実問題家賃が跳ね上がりますので、要検討です。
本当に六本木に住むとなると、家賃だけでなく普段の買い物も不便になりそうなので、その辺も考慮する必要があります。

六本木まで自転車で通勤できる距離でもいいかと思います。
自転車通勤が運動代わりになるので、通勤がてら運動不足も解消できそうです。
駐輪代はかかりますがその代わりに定期代がかからないので、トントンですね。

六本木から離れたところに住み電車で通勤することは、いまのところ避けたいですね。
電車通勤が嫌なことが引っ越す一番の理由ですので、最低でも自転車通勤できる範囲にしたいですね。

まとめると、六本木に近いところがベスト、自転車通勤できるところが妥協ラインですかね。

こだわり・条件は?

  1. マンションにしたい
  2. これまでずっとアパートに住んでいたので、今回こそはマンションにしたいです。
    マンションに住んでみるのが、ちょっとした憧れですね。

  3. 間取りは1K以上
  4. さすがにキッチンと寝室は分けたいので、ワンルームは考えないで、1K以上にします。

  5. 広さは8畳相当
  6. 家具が多いんです。
    ただの6畳部屋だと家具に囲まれている様子が想像できます。
    ですので、8畳以上の部屋が望ましいです。
    最悪6畳部屋だとすると、キッチンに食器棚が置けるスペースが欲しいです。
    というか、キッチン広めの方が嬉しいですが、こんな部屋は意外と少ないです。

  7. バス・トイレ別
  8. 基本お風呂に入らないでシャワーで済ませている派なので、バス・トイレは別にしたいです。
    ユニットバスだと、シャワーを浴びるたびにトイレがびしょびしょになるので、嫌です。

  9. 風呂は壁一体型
  10. 慣れてしまったら、これ以外はないですね。

  11. 自動給湯器
  12. 特に意識しなくても、お湯が出る設備です。東京の冬は寒いので、お湯なしでは生きていけません。

  13. 室内洗濯機置場
  14. 洗濯機を室外に置いたことがありますが、結構汚れてしまいます。
    よほどなことがない限り、室内必須ですね。

  15. 駐輪場あり
  16. これは必須条件です。しかも室内駐輪場で。
    自転車を屋外停めて雨風にさらされると、寿命が縮まってしまいますので、今も自転車は室内に停めています。
    もはや、今年はロードバイクも買いたいと思っているので尚更です。

  17. ベランダあり
  18. 洗い物を室内に干すのは考えられません。
    冬は良いとしても、夏はただでさえ高い部屋の湿度が更に上がるからです。
    また、ベランダは家で気分転換できる唯一の場所でもあるので、なるべくほしいです。

  19. 家賃は9万円位まで
  20. 家賃に上限を設けないと、本当に六本木のど真ん中に住む可能性があるので、一応9万円(管理費込み)まではOKにします。

  21. 六本木まで自転車通勤圏内
  22. 引っ越したら自転車通勤を考えています。ですので、六本木に近い方がうれしいですが、家賃の関係上あまりにも非現実的なので、Maxでも自転車で30分以内の距離に収めたいです。

その他駅からの距離は基本気にしないつもりです。
そもそも、会社まで歩けるなら歩いて通勤するつもりですし、歩けなかったら自転車で通勤するつもりですから。

家賃の高い都内に引っ越す価値は?

確かに家賃は高くなるけど、引っ越す価値はありますね。
引っ越すと、通勤時間が短く家賃が高くなりますので、どちらの価値が高いかを比べてみましょう。

現在は65,000円の部屋に住みながら、毎日片道70分かけて通勤しています。
仮に、95,000円の部屋に引っ越し、片道10分ほどかけて通勤できるとすると、
毎日片道60分節約することになるので、月間トータルで40時間節約になります。
それに対して家賃は3万円増えているので、要するに40時間で3万円の価値を生み出せるかという話です。
時給に換算すると、750円/hになります。
もちろん、食費がもっとかかったりもっと便利なこともあるでしょうから、上のように単純計算できるわけではありませんが。

ただぼーっとしているだけでは1円も生み出せないので、空いた時間をかなり意識して使わないと、ただ損することになります。
逆に副業や自己投資を意識して行えば、引っ越す価値は十分あるように思えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です