引越しまでの道のり-引越し編

movinghouse

こんにちは。
今年の大きな目標である引越しを済ませた龍権(@ryuken_biz)です。

家探しは時間がかかりすぎて大変でした。
まあ、家が見つかってからの手続きは割りと順調だったので、良かったですが。
関連記事:引越しまでの道のり ー 家探し編

さてさて、家が見つかったのは良いものの、引越しが予想以上に大変でしたので、まとめてみました。

引越し業者探し

引越しする際に、まずやらないといけないのが引越し業者探しです。
パット思うだけでも、アートさん・アリさん・ハートさん・サカイさん・おかださんなどなど…数え切れない数の業者さんがいます。
前に引越したことがあれば、当時お世話になった業者さんにお願いして割引してもらう方法もありますが、業者にお願いするのは今回が初めてです。

引越し業者は一括見積もり

ということで、僕は「引越し達人セレクト」で引越し一括見積もりをすることにしました。
引越し達人サイトで現住所・引越し先住所・引越し内容を一通り入力することで、複数の引越し業者に一括で見積もりを依頼できる優れものです。
どうせ同じ内容になるので、一度にできるなら済ませたいものですね。

今回は5社の業者さんに一斉に見積もり依頼をしたと、引越し達人からメールが来ていました。
夜中にもかかわらず、その後5つの引越し業者さんからも相次いでメールが届いて、翌日になったらまた朝一に各業者さんから電話がかかってきました。

中には、電話で概算見積もりを出してくれた業者さんもいれば、電話見積もりには限界があるので、訪問見積もりをしたいと言い出す業者さんもいました。
僕はなるべく昼間の仕事に影響を与えないように、電話で見積もりをいただけるように対応しました。
訪問見積もりについては、朝仕事前か夜仕事後にできないかを相談しました。
そしたら、1社だけ朝8時に見積もりできる業者さんがいて、訪問見積もりをお願いすることにしたのです。

訪問見積もりに来てくれたのは、アート引越センターさんでした。
荷物を一通り見てもらってから最初に出された引越し料金はなんと、10万円を超えていました。
インターネット割引が効いて若干割引ができたものの、それでも8万円を超えています。

他の業者さんから電話見積もりももらっていたので、なんとなく相場は予想できていました。
それで、予想相場を元にアートさんに料金を交渉した結果、なんとか納得できる金額を出してもらえたので、引越しをお願いすることにしたのです。

今回は、「引越し達人セレクト」で一括見積もりをしましたが、テレビCMでお馴染みの「引越し侍の引越し価格ガイド」でも同じことができます。

引越し業者からの電話攻撃

一括見積もりは楽ですが、その代わり業者さんからの一斉電話攻撃を受けるハメになります。
今回は、引越し達人さん・各引越し業者さん・更にそこから派生したインターネット紹介会社などの電話攻撃を受けましたね。
見積もりを依頼してから三日くらいは、色んな電話に追われたことを覚えています。

実は、引越した後に分かったのですが、嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】というサービスもありましたね。
早く知ってたら電話攻撃を受けなくても良かったのに...

梱包作業が地獄

アートさんに見積もりをもらった後すぐ、梱包用ダンボールを25個(大10個、小15個)もらいました。
荷物が少ないので、荷造りなんか大したもんないと思っていました。
大体引越し一週間前から、要らない物を捨てたり、整理しやすい本などをダンボールに詰めたりしていました。

そして、とうとう引越し前夜です。
もう逃げ道がないので、本気を出して荷造りを始めましたが、これがね、荷造りがなかなか終わらないのです。
荷物が少ないとは言え、2Kの部屋に散らばっていた物を集めて分類して、更に軽く掃除をしながら片付けていたら、とうとう朝になってしまいました。
徹夜で荷造りをするとは、夢にも思いませんでしたが、徹夜したのもまた事実です。

荷造りは、もっと早い段階からバンバンダンボールに詰めるべきでしたね。

引越し作業自体は楽々

引越し作業自体とは、荷物搬出・運送・荷物搬入のこと、要するにアートさんにお願いしている作業のことです。
作業員二人で作業していましたが、とても落ち着いて全く無駄のない作業ぶりに感心しました。
一番重たそうな冷蔵庫も二人三脚で気持ちよく運ばれていましたね。
これは業者さんに頼んで本当に良かったと思いました。

結果的には、搬出に80分・運送に100分・搬入に90分かかって、トータルで4時間半かかりました。
朝8時から作業して、昼12時30分に終わっていました。
作業が丁寧だったので、時間にも納得しました。

引越しが終わった二人に、おみやげとして和菓子をプレゼントしたらとても喜んでいました。
自分でもよくプレゼントすることを思いついたなと、ニヤリとしました。

ちなみに、なぜ和菓子をプレゼントしたかというと、引越した6月16日が和菓子の日だったからです。
偶然といえば、偶然ですけどね。

開梱作業も地獄

予想通りでしょうが、徹夜で梱包したせいで、荷降ろしが終わった時点でもうグダグダです。
ありがたいことに、友達がわざわざ手伝いに駆けつけてくれました。
一番大変な時に、手を差し伸べてくれて、本当にありがとう。

とはいっても、間取りが2Kから1Kになったので、小物が部屋から溢れ出ています。
梱包よりは楽でしたが、物の置き場を考えないといけないので、開梱も大変でした。
初日は疲れたこともあって、結局二日かけてやっと物の整理が終わりました。

引越し目標達成

これで、今年の一大イベントの引越しが終わりました。
関連記事:確実に達成したい2017年の目標を設定したよ、たった3つのルールに従うだけ

環境が変わると人が変わるとよく言われますが、今年は色んな意味で変わりたい一年です。
元々引きこもり気味で、静かな住宅地に10年ほど住んでいましたが、これからは都心に住みながら新しい体験を増やしていきたいなと思います。
なんとか温かく見守ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です