プロフィール

龍権(@ryuken_biz)のプロフィールです。

2004年に中国から来日して、2018年現在15年目、永住者。
来日後は日本語学校と埼玉大学を経て、2010年に日本のIT企業に就職。
IT企業2社と貿易会社1社を経て、2017年4月にIT派遣に転向。
現在は日本のIT会社に派遣社員として出向中。

趣味は自重トレと登山、自転車(ロードバイクが欲しい)。

来日前

中国で鉄道専門学校を卒業してから、小さな鉄道会社に7年間勤めていました。
地方にある小さな鉄道会社だったので、旅客運輸より貨物運輸がメインでした。
貨物車両を繋いだり外したり、旗を振って機関車に指示を出したりと、旅客運輸がメインの東京では目にすることのない仕事をしていました。

しかし、酒漬けで成り立っている人間関係や何の変哲もない毎日に嫌気が差し、遂には夢見ていた日本留学を決意することになります。

来日後の学校生活

2004年来日後は大田区千鳥にある小さな日本語学校に2年間通いながら、日本語を学んでいました。
留学生受け入れ氷河期と言われる時期だけあって、1年目には僕ともう一人ベトナム人学生の2名だけでした。
二年目には学生が何名か増えたのですが、それでも一番多いときに6名だけでした。

学生が少ない分授業の効率は高かったです。
1年目には先生と1対1で授業を受けることも多かったです。
家庭教師みたいな感じでしたね。
そのおかげもあって、日本語の上達は速かったかもしれません。

日本語学校卒業後は埼玉大学工学部に通うことになりました。
当時はアルバイト代で授業料を賄っていたので、単に授業料が安いことを理由に国立大学を選びました。
それに、あれこれ在学四年間ずっと奨学金をもらっていたので、あまり苦労はせず無事に卒業することができました。

クラスメートたちとの交流はほとんどなかったです。
クラスメートたちと年が大分離れていたのと留学生が一人だけであること、元々内気で喋ることが好きでなかったからです。

就職後

2010年に埼玉大学を卒業しIT会社に就職するも、仕事の難しさと新卒の給料の低さに衝撃を受けていました。
更に就職一年後、東日本大震災の影響で一度失業してしまいます。

失業を機にIT業界を辞め、他の業界に就職することを真剣に考えて就職活動をした結果、貿易会社に再就職することができました。
しかし、たった入社半年でその貿易会社も破産寸前になり、やむを得ず退職します。

二度の就職経験を活かし、再度就職活動をしていたら、またもやIT会社に就職することになりました。
ちょうど地震後IT業界が立ち直ろうとしている時期でもあって、仕事も順調に進みます。
幾つかのテスト案件や開発案件に携わり、経験を積んでいました。
毎年昇給はされていましたが、給料日にはショックを隠せませんでした。

安い給料をもらいながら数年間仕事を続けた結果、お金の大切さだけは肌で感じるようになりました。
IT会社によくあるのが、他の会社に出向して仕事をする派遣スタイルです。
どうせ派遣なら、派遣エージェント経由で契約した方が報酬が高くなることを知り、思い切り辞職しました。
そして、2017年4月から派遣エージェント経由でIT会社に出向しています。

派遣転向後

僕は現在、エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」に登録して派遣されていますが、登録する際に驚くようなサービスを受けました。
なんと、元の会社の有給休暇を引き継いでくれるサービスでした。

辞職する時に元の会社で消化しきれなかった有給休暇は無効になることが多いです。
そのために辞職をためらう方も多いのではないでしょうか。
しかし、「パーソルテクノロジースタッフ」さんは、その有給休暇を無条件に引き継いでくれたので、かなり良心的な派遣会社だと思いました。
このサービスはホームページには公開されていないサービスですので、登録する際に軽く聞いてみるのが良いでしょう。

正社員の方が福利厚生が充実しているからといって、正社員にこだわる方が多いようです。
しかし、実際派遣社員を体験してみると、正社員に負けないほど福利厚生が充実していました。


僕が実際受けている福利厚生

  • 社会保険に加入できる
  • 有給休暇がもらえる
  • 健康診断・メンタルヘルスが受けられる
  • スキルアップ支援が受けられる
  • スポーツクラブで割引が受けられる

一度派遣を体験してみると、正社員に戻たい気持ちは完全になくなりましたね。