不労取得を得続けられるクラウドソーシング – PVモンスター

pvmonster

クラウドソーシングと言えば、「クラウドワークス」と「ランサーズ」が有名です。
しかし、いずれにしても単発仕事が多いので、クラウドソーシングで収入を得るには仕事を続けなければなりません。

そんなクラウドソーシング業界に現れた新しい顔が、【PVモンスター】です。
「クラウドワークス」や「ランサーズ」との大きな違いは、不労所得が得続けられることです。
今日は、その「PVモンスター」の実態に迫ってみます。

PVモンスターとは?

pvmonster

自社サイトを検索結果で上位表示させたい企業と、良質なSEOコンテンツを作るクリエイターをマッチングするサービスです。

一見、他のクラウドソーシングと変わらないように見えますが、実は大きな違いがあります。

他のサービスとの違い

pvmonster

いずれも、サイト作りよりコンテンツ作りに注力したいユーザー向けのサービスです。

しかし、従来のクラウドソーシングサービスでは、コンテンツ制作だけでは単価が安くて十分な収益を上げ続けることが難しくなっています。
かといって、継続報酬が狙えるアフィリエイトはまたサイト作成のハードルが高く、なかなか参入できないのが実情でした。

PVモンスターならば、クリエイター自身がサイトを作成する必要がなく、作成したコンテンツを企業に納品するだけで継続報酬を狙うことが可能です。
報酬は1コンテンツ単位で発生するので、サイト作成よりはより気軽に挑戦することができます。

PVモンスターの使い方

pvmonster

まずは【PVモンスター】でユーザー登録しましょう。

次に、仕事に応募してコンテンツを作成しないといけませんが、ここで企業の依頼にお応えできるコンテンツ作成を心がけましょう。
当然ですが企業はサイトに掲載して顧客に読んでもらえて、場合によってはコンバージョンに繋げられるコンテンツを求めているので、そこをちゃんと意識しましょう。

提出したコンテンツは、企業によって選別されます。ここで採用されなかったら、もちろん報酬が発生することもありません。
従来で言う「コンペ」に近い手法ですね。

もし、企業のWebページに掲載されたら、毎月そのコンテンツの閲覧数によって報酬が発生し続けます。

PVモンスターのメリット

なんといっても、継続報酬が可能なところですね。良質なコンテンツを一回作成すれば、そのコンテンツが読まれ続ける限り、企業から継続して報酬を得続けることができます。

次に、Webサイトの作成スキルがない方でも1つのコンテンツから報酬を得ることができることです。
もちろんあなたが作成したコンテンツが読まれる期間が長いほど、コンテンツ数が多いほど、報酬は増え続けます。

PVモンスターのデメリット

あなたが作成したコンテンツが企業に採用されなければ、報酬が得られないことですかね。
こんなことを防ぐためにも、事前に企業情報やサービスなどをよく研究して、企業のためになるコンテンツ制作を意識しましょう。

ブログやオンライン上で情報発信をしており、記事作成に自信のある方にはチャレンジ価値ありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です