どうも、龍権(@ryuken_biz)です。

普段山に登っている僕は、山頂で絶景を目にして感動することがよくあります。

そんな時は、この絶景を皆さんにシェアできたら良いなと思って、手持ちのスマホで写真を撮りますが、スマホではどうしてもうまく撮れませんね。何回も撮ってみても「う〜ん」と納得いかない写真ばかりになってしまいます。

それもそのはず、絶景って全体像が目に入ってくるから絶景になるわけで、画角の小さいスマホでぞの全体像を捉えることに無理があるので、雰囲気が伝わらないですね。

一眼カメラで撮影できればと思いましたが、世の中の一眼カメラはどれも高価なものばかり。それでだいぶ長い間購入を決断できずにいましたが、このたび欲望の負けてしまい購入を決断しちゃいました。

購入したのは

Olympus OM-D E-M1 Mark Ⅱ

このカメラです。中古品を購入しました。

発売されたのは2016年で若干年月が経っています。しかし、登山で使用することを想定して色んなカメラを調べた結果、機能と値段で折り合いをつけたのがこのカメラでした。

僕が求めているカメラを一言でいうとずばり、過酷な環境でも使用できるようなカメラでした。

条件はたった一つ 「防塵・防滴・耐低温」

こんなカメラがあったのかというほど、防塵・防滴・耐低温性能を搭載したカメラでした。最初から劣悪な環境での使用を想定して作られたカメラだったのでしょう。

日常生活の中で使う想定でしたら、性能重視で選んだかもしれません。しかし、僕が主に使う場面は登山を想定していました。

登山といったら大自然の中で山に登るわけですから、猛暑もあれば極寒もあり、晴れもあれば雨もあり、そして埃が立つこともありえます。そのような撮影環境も気にせず、高画質撮影が行えることは、何の文句も付けようのないカメラでした。

正直、オートフォーカスや連写機能・〇〇高速云々については、深く考えていませんでした。ちゃんとプロモデルになっていたし、素人の僕が使うにはもったいないほど色んな機能が付いているに違いない、そう思ってこのカメラを購入しました。

当たり前ですが、もちろん動画も撮影できます。これは悩む理由がないですね。

Olympus OM-Dシリーズ

実際Olympus OM-D」シリーズのほとんどのカメラが、防塵・防滴・耐低温性能を搭載しています。ですので、シリーズはこれで良かったのですが、機種選びではだいぶ苦戦しました。

「E-M1」、「E-M1 Mark Ⅱ」、「E-M1X」、「E-M5」、「E-M5 Mark Ⅱ」、「E-M5 Mark Ⅲ」、「E-M10」、「E-M10 Mark Ⅱ」、「E-M10 Mark Ⅲ」など数多くのカメラが発売されていました。

しかも、いずれもかなり高額。やはり良いカメラは高いですね。とてもじゃないけど、素人ではなかなか手が出せない金額ばかりでした。

その中でこの「E-M1 Mark Ⅱ」は、最新機種に負けないほどかなり高性能でありながら、型落ちして値段が安くなっていたのです。新品であっても発売当時の半額ほど、中古となると1/3ほどと、手が出しやすかったです。

カメラを選ぶ基準

素人が初めて購入するには、高額なカメラである必要がないと思いました。どうせ全機能を使いこなせないだろうし、仮に使いこなせる日が来たとしても、その時はまた違うカメラが世の中にたくさん出回っているはずです。

そしてこの時代、新しい高性能カメラがどんどん発売されています。たとえ高額を投入して最新機種を手に入れたとしても、一年もしないうちに型落ちしてしまうことに間違いありません。

まずは手頃な金額でそこそこなカメラを手に入れ、撮影楽しみながらスキルを身につけることが大事でしょう。そしてその時になって、更に撮影を極めたいと思ったらその時の基準でまた購入すればいいのではないでしょうか。

実際に良いカメラは年数が経っても、そこまで値段が落ちません。そこそこの値段で取引されています。ですので、必要になった時に最新機種と買い換えることを想定するのも、合理的な選択肢だと信じております。

レンズはGooPassで

実は、、、

カメラは購入してもレンズはまだ購入していません。カメラも高額ですが、レンズもまたカメラに負けないですね。いや、カメラより高かったです💦

じゃ、撮影できないじゃんと思ったそこのあなた。そんな高額のレンズ、どれがどうなっているかも知らず、購入を決断できますか。

それでレンズは、GooPassでレンタルしてみることにしました。GooPassはレンズをレンタルできるサービスなんです。まだどのレンズが自身のスタイルに合うか知らないうちは、レンタルでたくさん試してみてから購入するのが良いと思ったからです。

レンズをレンタルしている間コストが掛かりますが、自身に合わない高額なレンズを買ってしまったら、その損失の方が大きいのではないでしょうか。ですので暫くは色んなレンズをレンタルして使いながら、自分にあう一枚を選んで行こうと思います。

GooPassではレンズ以外にも、カメラ・ドローン・GoPro・三脚・フィルターなど色んな撮影器具がレンタルできます。興味のある方は、一度見てみてください。

それでは。